忍者ブログ

NMB48ニュース

NMB48ニュースをお送りします。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「NMB48」相次ぐ卒業の本当のワケ!

アイドルグループ「NMB48」の主力メンバー・福本愛菜のグループ卒業が、先月23日に明らかになった。理由は「バラエティータレントを目指す」というもの。卒業時期は未定ながら、福本は「バラエティーのスキルを磨いていきたい」と次のフィールドに向け、意欲を見せている。
およそ3割が脱退
昨年から今年にかけて、NMB48では卒業が相次ぎ、福本を含めると、18人ものメンバーがグループを去ることになった。グループ全体の人数は60~70人で推移してきただけに、およそ3割にあたる人数が脱退するというのは、「AKB48」や「SKE48」などの他グループを見渡しても、異例の事態と言える。
 
もちろん、体調不良や学業専念などそれぞれに個別の脱退理由はあるのだが、根底には、NMB48ならではの要素が深くかかわっていると言われている。それが“お笑い”だ。
 
笑都・大阪を拠点に活動し、メンバー全員が吉本興業の関連会社に所属。必然的に、関西テレビ「どっキング48」での陣内智則、ケンドーコバヤシ、たむらけんじ、ABCラジオ「NMB48学園~こちらモンスターエンジン組~」での「モンスターエンジン」といったように、芸人との共演も多くなる。その中で、当然のように求められるのが“お笑い”の要素。
 
こちらが恐縮するぐらいに…
NMB48担当のスポーツ紙記者は「公演前には、歌やダンスのレッスンと同様、もしくはそれ以上に、メンバーが数人ずつ集まってトークの練習をしています。取材でも、一つ一つの話にオチをつけてくるし、話が盛り上がらなかったら、こちらが恐縮するぐらい『すみませんでした…』と頭を下げてくる。いかに、笑いに重きを置いているかが、こちらにもヒシヒシと伝わってきます」と強調する。“NMB48=お笑い”という構図ができているのは同グループの強みでもある。しかし、当然ながら、全員が全員、そつなく笑いが取れるわけではない。
 
関西を拠点に活動する放送作家は「笑いというのは、ある意味、背が高いとか、足が長いみたいに、生まれ持っての才能の部分が大きい。日々、笑いが求められる中、他のメンバーに比べて自分の資質が明らかに劣っているとなると、これは大きなストレスになります。そこが、ある意味の“ふるい”になっていることは間違いないです」と解説する。
 
先月27日には、NMB48の初のアルバムとなる『てっぺんとったんで!』が発売された。
取り扱いは難しいものの、強力な武器にもなる“お笑い”。独自路線をいくNMB48が、オンリーワンの戦い方で“てっぺん”を取る日が待たれる。
PR

卒業発表のNMB福本愛菜 泣きすぎで鼻血出す

アイドルグループ、NMB48の福本愛菜(19)が7日、大阪市内でABCテレビ「熱血!人情派コメディしゃかりき駐在さん」(関西ローカル、日曜、正午)の収録に参加した。AKB系総選挙アンテナ

NMB48初アルバムが“てっぺん” 内田有紀以来史上2組目記録も

アイドルグループ・NMB48の1stアルバム『てっぺんとったんで!』(2月27日発売)が初週32.8万枚を売り上げ、3/11付週間アルバムランキング首位に初登場した。シングル、アルバムとも1作目で初登場1位を獲得した女性アーティストは、1995年2/20付で記録した内田有紀以来17年11ヶ月ぶり史上2組目(再デビューなどは除く)。女性グループとしては史上初となった。

NMB48×ファミマ.com 推しマフラータオル発売

ショッピングサイト ファミマ・ドット・コムが、3月5日より『NMB48推しマフラータオル』の販売受付を開始する。
 
 このアイテムは、全76種類(7名×2種類、62名×1種類)用意されており、横25cm×縦110cmのロングサイズのマイクロファイバー製タオルに、NMB48メンバーの写真がプリントされている。また、特典として購入者全員にもれなく、缶バッジをタオル1枚につき1個プレゼント。さらに抽選で345名に、直筆サイン色紙が贈られる。(※特典の缶バッジ、直筆サイン色紙は、購入したマフラータオルと同じメンバーのもの)
 
 なお、商品のお届けは、5月上旬以降を予定。

貴乃花親方、吉本新喜劇にNMB48Tシャツで登場

 大相撲大阪場所担当部長の貴乃花親方(40)が3日、大阪・なんばグランド花月で吉本新喜劇に出演し、10日に初日を迎える春場所(ボディメーカーコロシアム)をPRした。

 小学生役としてサプライズ出演した親方はランドセルに黄色の帽子をかぶり、自ら購入した「NMB48」のTシャツを着込んで登場。会場の爆笑を誘った。昨年もPRのため角界で初の新喜劇出演で話題を呼び、先月も吉本百年物語にゲスト出演。舞台上でも「あのね~僕ね~」とバナナマン・日村勇紀(40)が得意とする「子どもの頃の貴乃花親方」のモノマネも披露し、「やみつきですね。明日も来たい」と、終始ご機嫌だった。

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
BMN
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R