忍者ブログ

NMB48ニュース

NMB48ニュースをお送りします。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

西野の“炎上キャラ” 吉本興業も追認!?

西野の“炎上キャラ” 吉本興業も追認!?

東スポWeb 11月22日(木)16時43分配信

 お笑いコンビ「キングコング」西野亮廣(32)の“炎上キャラ”は吉本興業も追認!? お笑いにとどまらず、舞台脚本から絵本製作まで幅広く活躍している西野。18日には都内で3作目となる絵本「オルゴールワールド」のサイン会を行い、ファン約160人が詰め掛けた。一方、ツイッターの炎上は相変わらずで、最近もフォロワーとケンカするなどファイティングポーズを崩していない。吉本も西野の“オレ流”にゴーサインを出さざるを得なくなっているという。
 

PR

無題

さや姉、新ネタに“唐揚げにレモン軍艦”

サンケイスポーツ 11月22日(木)11時25分配信

さや姉、新ネタに“唐揚げにレモン軍艦”
拡大写真
写真集発売記念握手会を行う(左から)山本彩、渡辺美優紀(写真:サンケイスポーツ)

 NMB48山本彩(19)と渡辺美優紀(19)が21日、初のソロ写真集「さや神」(集英社)、「みる神」(光文社)の同時発売記念握手会を福家書店神戸店で行った。

【写真で見る】山本彩の“隠れ”ナイスボディー

 


NMB48さや姉&みるきー、両者驚きのSEXY対決

 アイドルグループ・NMB48の山本彩(19)と渡辺美優紀(19)が19日、都内でソロ写真集発売記念イベント前に取材に応じた。

http://www.oricon.co.jp/news/music/2018874/full/?from_todaysnews

NMB福本愛菜 華やかお姫さま衣装で1日館長

 NMB48の福本愛菜(19)が17日、地元の奈良市・平城京歴史館で一日館長を務めた。

 “愛菜デー”と銘打たれたこの日は、朝からあいにくの雨模様だったが、天平をイメージしたお姫さま衣装に“あいにゃん”はハイテンション。「こんな華やかな衣装と思わなかったです」と喜んだ。館長初仕事では、せんとくん&YAMATO超人ナライガーと共演。来館者をハイタッチと笑顔で迎えた。

AKB48 地獄の底から戻ってきたスキャンダルメンバーのその後

http://npn.co.jp/article/detail/46486856/

 アイドルにスキャンダルは厳禁だが、AKB48グループの中には、そのスキャンダルを乗り越え、不死鳥のようにカムバックしたメンバーもいる。最近では、スキャンダル報道を逆手にとってHKT48を盛り上げる指原莉乃が思いつくが、その他のスキャンダルメンバーはどうだろうか。

 AKB48の初代、スキャンダルクイーンといえば、菊地あやかだ。菊地は第3期生としてAKB48に加入。チームBのメンバーとして活躍。当時の序列でいえば、同チームのエースの渡辺麻友に続き、柏木由紀と2番手争いをしていた。しかし、男性スキャンダルが発覚して解雇。ただ、ここで、負けなかったのが菊地だ。ファンからの非難覚悟で7期生として復帰。派生ユニット「渡り廊下走り隊」のメンバーにも選ばれ、今年の総選挙では、第51位にランクインした。これまでに、スキャンダルで辞めたメンバーは数多くいるが、オーディションを再び受けて復帰したのは彼女だけ。ちなみに、今年のじゃんけん大会には、「1周回って純白宣言」との襷をかけて登場している。

 元チーム4のキャプテンである大場美奈は9期生としてAKB48に加入。正規メンバーの昇格が決まり、新しく誕生したチーム4のキャプテンに指名された直後、過去のプリクラが発覚。謹慎となった。そのため、チーム4の初日にはキャプテンが不在。当日に島田晴香がキャプテン代行に指名された。その後、大場は復帰したものの、船出でつまづいたチーム4はなかなか軌道に乗ることが難しく、結局は消滅となった。現在、大場の所属はチームB。スキャンダル以降、大場は総選挙で順位を落とし、露出もチーム4結成以前に比べると少なくなったことは否めない。

 地方グループでは、NMB48の島田玲奈がスキャンダルによる謹慎から戻ってきたメンバーだ。2期生の島田は過去のプリクラがネット上で流出。謹慎となったが、その後、ファン投票を行い、復帰へ賛成多数との結果が出たことから復帰。もともと、2期生の中では、リーダー的なポジションであったことから、2期生を中心に結成されたチームMのキャプテンに指名された。秋元康プロデューサーからは、「大きな困難を乗り越え、公演ができる喜びを感じている今の君なら、2期生を任せられる。NMBに復帰する条件は、キャプテンの責任を負ってもらうことです。自分の過去を背負うと同時に、2期生キャプテンとしての責任も負ってほしい」とのコメントも寄せられた。

 スキャンダルを乗り越え復帰することは、多くのアンチが生まれた状況に自ら飛び込むようなもの。相当の覚悟がなければ、復帰など考えないだろう。ただ、その覚悟を持って復帰した彼女たちの根性は今後、芸能界で生き延びていくためには、必ず必要なはずだ。

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
BMN
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R