忍者ブログ

NMB48ニュース

NMB48ニュースをお送りします。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「NMB48」相次ぐ卒業の本当のワケ!

アイドルグループ「NMB48」の主力メンバー・福本愛菜のグループ卒業が、先月23日に明らかになった。理由は「バラエティータレントを目指す」というもの。卒業時期は未定ながら、福本は「バラエティーのスキルを磨いていきたい」と次のフィールドに向け、意欲を見せている。
およそ3割が脱退
昨年から今年にかけて、NMB48では卒業が相次ぎ、福本を含めると、18人ものメンバーがグループを去ることになった。グループ全体の人数は60~70人で推移してきただけに、およそ3割にあたる人数が脱退するというのは、「AKB48」や「SKE48」などの他グループを見渡しても、異例の事態と言える。
 
もちろん、体調不良や学業専念などそれぞれに個別の脱退理由はあるのだが、根底には、NMB48ならではの要素が深くかかわっていると言われている。それが“お笑い”だ。
 
笑都・大阪を拠点に活動し、メンバー全員が吉本興業の関連会社に所属。必然的に、関西テレビ「どっキング48」での陣内智則、ケンドーコバヤシ、たむらけんじ、ABCラジオ「NMB48学園~こちらモンスターエンジン組~」での「モンスターエンジン」といったように、芸人との共演も多くなる。その中で、当然のように求められるのが“お笑い”の要素。
 
こちらが恐縮するぐらいに…
NMB48担当のスポーツ紙記者は「公演前には、歌やダンスのレッスンと同様、もしくはそれ以上に、メンバーが数人ずつ集まってトークの練習をしています。取材でも、一つ一つの話にオチをつけてくるし、話が盛り上がらなかったら、こちらが恐縮するぐらい『すみませんでした…』と頭を下げてくる。いかに、笑いに重きを置いているかが、こちらにもヒシヒシと伝わってきます」と強調する。“NMB48=お笑い”という構図ができているのは同グループの強みでもある。しかし、当然ながら、全員が全員、そつなく笑いが取れるわけではない。
 
関西を拠点に活動する放送作家は「笑いというのは、ある意味、背が高いとか、足が長いみたいに、生まれ持っての才能の部分が大きい。日々、笑いが求められる中、他のメンバーに比べて自分の資質が明らかに劣っているとなると、これは大きなストレスになります。そこが、ある意味の“ふるい”になっていることは間違いないです」と解説する。
 
先月27日には、NMB48の初のアルバムとなる『てっぺんとったんで!』が発売された。
取り扱いは難しいものの、強力な武器にもなる“お笑い”。独自路線をいくNMB48が、オンリーワンの戦い方で“てっぺん”を取る日が待たれる。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
BMN
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R